工房紹介

木村博多織手織り専門工房は、絹糸を100%使用した
手織りの帯や、その生地を使用した小物など、博多織の
伝統工芸品を取り扱っています。

1951年に工房を構え、当時は機械織り中心でしたが
今ではすべて手織りへと変わりました。
工房には、使用されて約100年経つ歴史のある手機や、
友人が手織りの職人になった記念に、機大工の父親から
作ってもらったという、大切な手機をゆずり受け、今も生き
続けています。

現在、さまざまな物がデジタル化し、機械で大量生産が
できる時代ですがその中で、伝えたいもの、残したいもの
が ‶ここ″にあります。

私どもは770年余りの伝統技法である三本の踏木を
使うことにこだわり、五感を研ぎ澄まし、時には厳しい気候
に左右されながら、手織りを続けています。

常に、使ってくださるお客様のことを考えて織りなす商品を
着物を装うような特別な日だけでなく、 普段のファッション
にも取り入れられるよう提案していきたいと考えています。

打ち込められた技、生み出された艶を、手織りのぬくもり
とともに、多くのみなさまへ届くことを願っています。

  • 糸繰り機
  • 横糸まき
  • 手機

伝統工芸士紹介

  • 木村 佐次男(きむら さじお)
  • 1936年  9月10日 佐賀県馬渡島(まだらしま)生まれ
  • 1951年  福岡県の博多織会社へ弟子入りをする
  • 1970年  福岡県筑紫野市に工房を構え、独立
  • 1991年  伝統工芸士認定(製織部門)
  • 1993年  第17回福岡伝統的工芸展 入賞
  • 1997年  福岡市技能職団体連合会より表彰
  • 1998年  職業能力開発促進月間に福岡県より表彰
  • 2005年  瑞寶單光章 叙勲
  • 2008年  博多町人文化勲章 受賞
  • 木村佐次男

Δページのトップへ